top of page
アボカドのぬいぐるみ

#スーパーでどの塩を選ぶべき?健康に良い塩の選び方

更新日:6月30日


サブタイトル: 塩の選び方で健康が変わる!



MG GROUP JAPAN~一言


おはようございます。こんにちは、そして こんばんは、MG GROUP JAPANです。私たちは老若男女問わず、すべての人が健康で長寿を享受できるよう、バランスの取れた生活を提案しています。このブログでは、健康意識を高めるための情報や、日々をより良く過ごすための実践的なヒントをお届けします。健康な毎日を一緒に目指しましょう!


 

目次

  1. はじめに

  2. 塩の基本:塩と硝酸塩の違い

  3. スーパーで見かける塩の種類

  • 精製塩

  • 海塩

  • 岩塩

  • フレークソルト

  • 天然塩

  1. 健康に良い塩の選び方

  2. まとめ


 

1. はじめに 


塩はどんな料理にも欠かせない調味料ですが、健康を考えると、どの塩を選ぶべきか迷ってしまうこともありますよね。今回は、スーパーで見かけるさまざまな塩の種類と、それぞれの健康への影響についてわかりやすく解説します。またその塩の摂取量についても説明します。


健康はバランスです。摂りすぎに注意!



2. 塩の基本:塩と硝酸塩の違い


まず、塩(食塩)と硝酸塩は異なる物質です。食塩は主にナトリウムと塩素から成り、私たちの体に必要不可欠な成分で、調味料として広く使われています。


一方、硝酸塩は野菜、肉、水道水などに含まれる化合物で、健康に対して良い影響と悪い影響の両方があります。植物由来の硝酸塩は心血管疾患や認知症、糖尿病の予防に役立つとされていますが、動物由来の硝酸塩はがんや心血管疾患のリスクを高める可能性があります。


何気に食べている野菜にも塩分が含まれているのですね。???


3. スーパーで見かける塩の種類 


精製塩


精製塩は、純度の高い塩化ナトリウムで、ほとんどの不純物が取り除かれています。

  • 特徴:白くて細かい粒

  • 健康影響:必要なナトリウムを提供しますが、ミネラルが少ないです。過剰摂取は高血圧の原因になることも。


海塩


海塩は、海水を蒸発させて作られた塩です。

  • 特徴:ミネラルが豊富で、粒が粗め

  • 健康影響:マグネシウムやカルシウムなどが含まれており、健康に良いとされています。


岩塩


岩塩は、昔の海の塩が固まってできた塩です。

  • 特徴:自然なミネラルを多く含む

  • 健康影響:体に良いミネラルが含まれていますが、ナトリウムの摂取量には注意が必要です。


フレークソルト


フレークソルトは、薄片状の塩で、手作業で収穫されることが多いです。

  • 特徴:サクサクした食感でデリケートな味わい

  • 健康影響:ミネラルが含まれているため、健康に良いとされます。


天然塩


天然塩は、海塩や岩塩など、加工が少ない自然の塩です。

  • 特徴:自然な風味とミネラル豊富

  • 健康影響:化学添加物が含まれず、健康に良いとされています。


4. 健康に良い塩の選び方 


健康を考えた塩の選び方のポイントを紹介します。


  1. ミネラルが豊富な塩を選ぶ:海塩や岩塩、天然塩はミネラルが多く含まれているのでおすすめです。

  2. 添加物が少ない塩を選ぶ:無添加の塩を選ぶと、余分な化学物質を避けることができます。

  3. 適量を守る:どの塩を選んでも、1日5グラム未満の摂取を心がけましょう。


塩の摂取量


塩の量をスプーンで測る


1日5グラムの塩をスプーンで測ると、以下のようになります:

  • 小さじ1杯(約5グラム):ちょうど1日分の塩の量です。

  • 大さじ1杯:約15グラムなので、多すぎます。

醤油に含まれる塩分

醤油は塩分が多い調味料です。以下は、一般的な醤油の塩分量の目安です:

  • 大さじ1杯の醤油:約2.6グラムの塩分が含まれています。

つまり、大さじ2杯の醤油を使うと、それだけで1日の塩分摂取量の基準を超えてしまうことになります。

一日の塩分摂取量を管理する方法

塩分の摂取量を5グラム未満に抑えるために、以下のポイントを参考にしてください:

  1. 調理時の塩の量を減らす:塩の代わりにハーブやスパイスで味付けすると、塩分を減らしながら美味しく仕上げることができます。

  2. 低塩の調味料を使う:低塩醤油や無塩のスープなど、塩分の少ない製品を選びましょう。

  3. 加工食品を控える:加工食品には多くの塩分が含まれていることが多いので、できるだけ新鮮な食材を使いましょう。

  4. 食品のラベルをチェックする:食品のパッケージに書かれている塩分量を確認し、1日の摂取量を超えないようにしましょう。


塩の1日摂取量は小さじ1杯(約5グラム)未満が目安です。醤油などの調味料にも塩分が含まれているため、使う量に注意が必要です。調理方法や食材選びを工夫して、健康的な塩分管理を心がけましょう。




5. まとめ


スーパーで塩を選ぶときは、ミネラルが豊富で添加物が少ない塩を選ぶのがポイントです。海塩や岩塩、無添加の天然塩は健康的な選択です。ただし、どの塩でも過剰摂取には注意し、バランスの取れた食生活を心がけましょう。


PS: 推奨する山形ミートランドの山牛のお塩


山形ミートランドが運営する「山牛」では、高品質の和牛を提供しており、その際に使われる塩も特別なこだわりがあります。山形の山牛さんでは、シンプルで純粋な塩を使用し、肉の旨味を引き立てることにこだわっています。

「山牛」のレビューによると、肉の質が非常に高く、スタッフも親切でサービスが行き届いていることが評価されています​ (Wanderlog)​。このようなレストランでは、塩も質の高いものを選び、料理全体のクオリティを維持しています。






閲覧数:45回0件のコメント

Comments


bottom of page